TOKYO ART & LIVE CITYとは

概要 | 会員一覧 | 検討の経緯 | プレスリリース

東京アート&ライブシティ構想 検討の経緯

2016.10 文化庁事業として芸団協が「日比谷・銀座・築地エンターテイメントゾーン構想」有識者会議を設置。松竹、東宝、日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、日本劇団協議会、銀座ギャラリーズ、ぴあ総合研究所、ロングランプランニングから参加を得て、検討を開始。文化庁、観光庁がオブザーバーとして参加。
2017.03 日比谷・銀座・築地にある多様な文化芸術資源の集積は、世界的に見ても貴重なものであり、この資源を世界、全国に発信し、アート&ライブとまちの活性化を図ることを目的とする『東京アート&ライブシティ構想の提案』としてまとめる。
2017.04 検討に加わったこの地域の芸術関係団体を中心に、構想内容、連携づくりなど実現に向けての検討を開始。劇場、ギャラリー、地域関係団体、行政等に準備会での検討への参加を要請。
2017.07 「東京アート&ライブシティ構想」第1回準備会:この地域の劇場、ギャラリー、地域団体、高層に賛同する事業者、文化庁、観光庁、東京都、中央区、千代田区の参加表明を受け開催。構想について意見交換し、有志による準備プロジェクト設置を決定。
2017.07 第1回準備プロジェクトで海外向け入場券のネット販売等の課題の検討。
2017.08 第2回準備プロジェクトで2020年に向けた事業展開、実行委員会の設置について検討。
2017.10 「東京アート&ライブシティ構想」第2回準備回:2022年までの事業計画、資金調達および実行委員会について検討。
2017.12 第3回準備プロジェクトで構想ビジョン、2018年度事業と資金調達、「東京アート&ライブシティ」構想実行委員会の規約について検討。
2017.12 観光庁『「楽しい国日本」の実現に向けた観光資源活性化に関する検討会議』で構想について説明。
2018.01 「東京アート&ライブシティ」第3回準備回、「東京アート&ライブシティ」構想実行委員会設立総会開催。