東京アート&ライブシティ この秋の連携企画がいよいよスタート

東京アート&ライブシティ この秋の連携企画がいよいよスタートのイメージ画像

東京アート&ライブシティでは、日比谷・銀座・築地を中心に集積する多様な劇場、ギャラリー、映画、美術館などとの連携を進めています。これまで東京ミッドタウン日比谷で、観劇を身近にしようと4月27日(金)~5月8日(火)に「Hibiya Festival」、5月25日には新橋花柳界「東をどり」と料亭の味、ギャラリーを巡る「画廊の夜会」など芸術三昧ツアーの企画を制作、まさにアートとライブが、グルメやショッピングとともに楽しめる、新しいエンタテインメントを提案してきました。


そして、この秋いよいよ実行委員会初のホール連携企画に取り組みます。
エリア内の芸術を軸にした横の連携、交流により、日本独自の集積を世界に示す場となります。
個々の拠点にそれぞれの愛好者が点在しているものを、面として多様な選択肢にひろげ、これまで見たことのない人たちが様々なアート&ライブを気軽に楽しめる機会をつくりだすことで、このまちの芸術が、世界に誇る重要な観光資源であることを発信していきます。


連携企画の第1弾は、銀座4丁目・晴海通りを中心に居を構える、ハイレベルなクラシック室内楽で知られる王子ホールと、江戸期から銀座を本拠地とし、現在はGINZA SIXに開場する観世能楽堂の競演です。
能舞台で繰り広げられる日仏宮廷の女たちのドラマ──。
連携企画をとおして、エリアのあらたな価値・歴史をつくる東京アート&ライブシティの試み、その幕開けにご期待ください。


【 公演概要 】
能『葵上』とバロック音楽で描く「日仏宮廷恋愛模様」~はてさて 雅か 嫉妬の情念か!
〈 日時 〉11月1日(木)15:00開演(17:20終演予定)
〈 会場 〉観世能楽堂(中央区銀座6-10-1 GINZASIX地下3階)


日本を代表する能楽とバロック音楽が描く、時も国も違えども、雅な筈がドロドロの恋愛模様。


■Tickets
カンフェティ
Tickets Today
ローソンチケット(Lコード:33442)
イープラス


【 関連企画 】
Classical Japanese Dance Lesson by professional Onoe-Ryu Dancer" 《English Available》
初めての日本舞踊―日本の文化と人を知ろう *日本の方もどうぞご参加ください!


〈 Instructor 〉Onoe Yukari Yamato O-sho Group
〈 Period 〉2018/10/24 (Wed) ~2018/10/28 (Sun) One-day lesson
〈 Venue 〉Onoe-ryu training room (Ginza)
The address is stated on the ticket.
〈 Fee 〉5,000yen/day which you can bring back>


■Detailed Information
English
Japanese


■Tickets
カンフェティ
Tickets Today Tel: +81-3-6228-1062


*日本在住の方へ
二挺二枚(唄2人、三味線2人)の大和楽(やまとがく)生演奏で踊る本格的な日本舞踊体験です。
英語通訳付きです。ビジネスゲストやご友人のおもてなしに、どうぞ本企画をご利用くださいませ。
(通訳は National Government Licensed Guide Interpreter 政府公認通訳案内士が務めます。)


このほか期間中には、画廊ツアーと音楽ライブを組み合わせたアフタヌーンギャラリーズなど、さまざまなイベントを開催いたします。


■Inquiry お問い合わせ
TOKYO ART & LIVE CITY PROJECT 東京アート&ライブシティ構想実行委員会事務局
Tel: 03-5909-3068 *Japanese Only
Mail: tal@geidankyo.or.jp