「日比谷、芸術の歴史を築いた旧帝国劇場と今 - 映画鑑賞とトーク」(Hibiya Festival 関連企画)

2019/05/02
国立映画アーカイブ/帝国劇場

「日比谷、芸術の歴史を築いた旧帝国劇場と今 - 映画鑑賞とトーク」(Hibiya Festival 関連企画)のイメージ画像

旧帝国劇場の魅力を伝える貴重な映画「幸運の椅子」。男と女は、帝劇のオペラ「カルメン」、音楽劇、交響曲、バレエを楽しみ愛情を深める。オムニバスで劇中劇が展開する不思議な映画。二度と見る機会はないかも。出演者は、時のスターが総出演し、時代が感じられます。
この映画を国立映画アーカイブで鑑賞し、銀ブラ、 Hibiya Festival を楽しみ、最後は帝国劇場でのトークで歴史を振り返ります。一日、この街と芸術を楽しんでもらう企画です。

「幸運の椅子」内容
世界大戦後間もない1948年、旧帝国劇場を舞台にオペラ、バレエ、交響曲、音楽劇がオムニバスで紹介する映画「幸運の椅子」が製作、上映されました。
出演者は、出演者は、中北千枝子、藤原義江、山口淑子、滝沢修、森雅之、貝谷八百子、小牧正英と時のスターが総出演。

開催日時

映画鑑賞 開場14:00 / 公演時間14:30~16:00(国立映画アーカイブ)
講演   開場16:45 / 公演時間17:15~18:15(帝国劇場)

出演

講演講師: 大笹吉雄(演劇評論家)

チケット料金・入場料

全席自由:2,000円(税込)

チケット等取扱

Confetti[カンフェティ]
TicketsToday
ローソンチケット
e+(イープラス)

日本でのチケット購入について

会場
国立映画アーカイブ/帝国劇場
公式ウェブサイト
https://www.hibiya-festival.com/2019/
備考

協力:帝国劇場
フィルム提供:国立映画アーカイブ

会場住所

帝国劇場
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1

国立映画アーカイブ
〒104-0031 東京都中央区京橋 3-7-6