ミュージカル『シークレット・ガーデン』

INTRODUCTION
トニー賞3部門受賞!
世代を超えて読み継がれる感動名作のミュージカル化!
本作は、1911年発表の世界的名作“秘密の花園”を原作に、1991年にブロードウェイで初演されました。
同年にはトニー賞で脚本賞、助演女優賞、装置賞の3部門を受賞、ドラマデスクアワードではミュージカル作品賞、ミュージカル脚本賞を受賞し、絶賛を浴びました。
日本版初上演となる今回、石丸幹二・花總まりを始めとした実力派俳優陣が顔を揃え、美しい音楽に乗せて紡ぎ出される温かな心の交流・再生の物語をお届け致します。

STORY
両親を亡くした少女が引き取られた屋敷には
美しい“秘密”が眠っていた―

1900年代初頭。イギリス領インドで育った10歳の少女メアリーは、両親を流行病で亡くし、イギリス・ノースヨークシャーに住む伯父・アーチボルドに引き取られる。しかしアーチボルドは、最愛の妻・リリーを亡くして以来すっかり気難しくなってしまっていた。彼はリリーの面影を留めた息子とも距離を置き、屋敷にはすっかり沈んだ空気が漂っていた。
庭を散策していたメアリーはある日、「秘密の花園」の存在を知る。リリーが大切にしていた庭園で、彼女の死後にアーチボルドが鍵を掛けて閉ざしてしまったという。ふとした事からその鍵を見つけるが、肝心の扉が見つけられない―。
日々の暮らしの中でメイドのマーサやその弟ディコンをはじめとした使用人達と徐々に打ち解けていくメアリー。しかしその一方でアーチボルドは、どこかリリーに似ているメアリーを気に掛けながらも自身の殻から抜け出せずにいた。
アーチボルドの息子コリンは、叔父で医師のネヴィルの言いつけにより屋敷の部屋から出ずに暮らしており、足が不自由なひねくれた少年に育っていた。突然現れたメアリーにも始めは猛反発していたが、遠慮なくぶつかってくる彼女に次第に心を開いていく。
ある日、リリーの不思議な導きにより「秘密の花園」の扉を発見したメアリー。枯れてしまった庭を蘇らせようと、ディコン・庭師ベンと共に、アーチボルドには秘密で手入れを始め――。

公演スケジュール
出演者

アーチボルド: 石丸幹二 / リリー: 花總まり
ネヴィル: 石井一孝 / マーサ: 昆夏美 / ディコン: 松田凌
メアリー(Wキャスト): 池田葵、上垣ひなた / コリン(Wキャスト): 大東リッキー、鈴木葵椎
ベン: 石鍋多加史 / ローズ: 笠松はる / アルバート: 上野哲也
大田翔 / 鎌田誠樹 / 鈴木結加里 / 堤梨菜 / 三木麻衣子

スタッフ

脚本・歌詞: マーシャ・ノーマン
音楽: ルーシー・サイモン
原作: フランシス・ホジソン・バーネット「秘密の花園」
演出: スタフォード・アリマ

チケット料金

S席:12,500円
A席:9,500円
(全席指定・税込)

チケット取扱

東宝ナビザーブ
チケットぴあ
e+(イープラス)
ローソンチケット
CNプレイガイド
セブンチケット

日本でのチケット購入について

会場
日比谷シアタークリエ
ウェブサイト
http://www.tohostage.com/secretgarden/index.html
備考

※記載情報は、予告なく変更する可能性があります。ご容赦ください。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※安全管理上、スタンド花のお届けは、ご辞退申し上げます。

住所
〒1000006 東京都千代田区有楽町1-2-1
お問い合わせ
0335912400

http://www.toho.co.jp/stage/theatre_crea/

詳細はこちら

関連記事はありません。