国立映画アーカイブ
映画の教室 2019 日本の女性監督―道を拓いた女たち

日本に女性監督が登場するのは、欧米に比べて遅い1936年のことでした。1940年代になると記録映画などの分野で女性が演出を手がけるようになり、また、その後、劇映画、アニメーション映画、自主製作映画、ピンク映画などでも女性監督が作品を発表していきます。本企画では、日本の映画監督として道を切り拓いた女性たちの作品を、当館所蔵作品の中から5回にわたり紹介します。各回、研究員による解説付きです。映画の基礎を学びたい方々のご参加をお待ちしております。

開催日時

開催日:2019年10月9日(水)23日(水)11月6日(水)20日(水)12月4日(水)
7:20pm開始[7:00pm発券・開場]全5回・隔週水曜・研究員による約15分の解説付き

会場:小ホール 定員:151名
★各回の開始後の入場はできません。

出演者
スタッフ
入場料

料金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円/障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料

チケット等取扱

◆前売券:9月18日(水)10:00amより、チケットぴあにて全上映回の前売券(全席自由席・各70席分)を販売します。
[Pコード:550-387]

前売料金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円
・別途発券手数料がかかります。
・各回の開始後の入場はできません。
・学生、シニア(65歳以上)の方は証明できるものをご提示下さい。

◆当日券(発券=地下1階受付)
料金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円/障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料

日本でのチケット購入について

会場
国立映画アーカイブ
公式ウェブサイト
https://www.nfaj.go.jp/exhibition/filmclassof2019-female/
備考

◆「映画の教室」スタンプカード[観覧券は各回別途必要です]
第1回目(10月9日)の入場時に、「映画の教室 2019 日本の女性監督―道を拓いた女たち」のスタンプカードを配布し、各上映日に1つずつスタンプを押印します。全5回ご覧いただいた方には、2019年度の当館主催上映の入場引換券を1枚謹呈します。

住所
〒104-0031 東京都中央区京橋 3-7-6
お問い合わせ
03-5777-8600

https://www.nfaj.go.jp/

詳細はこちら

関連記事はありません。